生活費が節約できる

男性と女性

価格を安く提供できる

大手のスーパーであってもなくても基本的には、商品やコマーシャルなどに使用する宣伝費は含まれていません。ところが、プライベートブランド商品は宣伝費込みの値段なので、宣伝費をかけることなく商品を安く提供することができるのです。

独自開発をしている

お店に並んでいる商品は、商品開発をしている業者に依頼するのがほとんどです。しかし、プライベートブランドはその業者を通さずに自分たちで商品開発をするので、人件費をかけることがありません。ですので、どこよりも安く販売することが可能になっています。

特別感がある

プライベートブランドという商品はドン・キホーテが独自に開発した商品なので、他の店やましてやライバル店に並ぶことはまずないのです。ですので、ここでしか売っていないという特別感が消費者の心をくすぐっていると言えるでしょう。

実際の料金の比較

プライベートブランドの魅力というと安さが売りになっていますが、利用したことがない方はピンとこないかもしれません。毎日の生活費を見直そうと考えている方は、プライベートブランドの商品と今まで購入していた商品の価格を比較してみてはいかがでしょうか。

高品質で低価格

あまりにも商品の価格が安いと、質が悪いのではと不安になる方も多いでしょう。しかし、プライベートブランドは安いだけでなく質にもこだわっているので、他の商品に引けをとらないほどのクオリティを持っています。